男性不妊と下着

精子の健康と下着の関係について

精子は熱に弱く、そのため、下着もブリーフよりトランクスが良いと言われています。これはあくまでも予測の範囲であり、科学的な根拠はありませんが、精子の性質、精巣の性質などから考えてみると、利にかなっていると言えます。何よりも、 負担無く行える改善法の一つかもしれません。

精子の性質「熱に弱く、高熱により死滅してしまう…」

男性の精子は非常に熱に弱いものだといわれています。長い間、高熱にさらされると死滅してしまうこともあるそうです。また、精子が産生されるために最適な環境は、「体温より数度ほど低い状態」だといわれています。このような特有の性質から、精巣や精巣上体などがある陰嚢には、こもった熱などをコントロールするための仕組みがあり、この仕組みはよく「ラジエーター(放熱器)」に例えられます。
陰嚢の表面には無数の細かいしわがあります。このしわは、暑い時には伸びて精巣を体から遠ざけてくれます。逆に、寒い時には縮んで精巣を体に近付けてくれるのです。こうして伸び縮みが起こることによって、精巣に伝わる体温を上手にコントロールし、精子をつくりだすためにちょうどいい環境を保持しているのです。
また、陰嚢には汗腺もたくさんあり、内部に熱がこもってしまわないよう、都度コントロールしています。陰嚢が体から少し離れた位置にある(体の外にぶら下がる形で形成されている)理由としても、熱に弱い精巣や精子を“体温”から守って、その機能を維持するためだと言われています。
このような精子の性質、精巣の性質、陰嚢の成り立ちから推測すると、精子をつくる造精機能を保持するためには、肌にピタッとくっついて熱がこもってしまいがちなブリーフよりも、通気性がいいトランクスの方が良好なのかもしれません。

現代の男性の精子数は、ひと昔前の男性の精子数の約2分の1

現代の男性の精子数は、明治時代の男性の精子数に比べると、約2分の1にまで少なくなっているという報告があります。また、WHO(世界保健機関)の発表したデータによれば、精子の運動率も、20年前に比べておおよそ30%も低くなっています。一体、現代の男性と昔の男性のどこが違ってきているでしょうか?それを考えた時に、ひとつに下着の違いが挙げられます。昔の男性の下着はふんどしでした。ふんどしは、今より通気性が良くて、熱の影響を受けやすい精子や精巣にとっては良好な環境だと推測されます。
そもそも、男性の精子の状態が変化してきた要因には、栄養バランスの乱れ、環境ホルモン、ストレス、生活環境の悪化などが強く関係していると思われますが、下着の変化が影響を与えている可能性もゼロではないかもしれません。何か簡単にできることをとお探しの方は、下着にトランクスを選ばれてみてもいいと思います。

毎日の習慣から自然に男性不妊を解消したい方へ
男性不妊患者の8割以上の精子数がUP!日本生殖医学会で話題になった…
» 続きを読む

Copyright © Wellness Advance. All rights reserved.