男性不妊とストレス

過度のストレスによるEDや精子減少の可能性

男性の生殖機能全般を司る男性ホルモン「テストステロン」は、ストレスの影響を受けると、分泌量が著しく低下すると言われています。そして、テストステロン値の低下は、精力の減退や勃起不全(ED)、そして精子数の減少や精子の運動率が低下を招くことから、不妊に繋がることがあります。

もともと精子が卵子に辿り着くまでは、極めて過酷な道のりを乗り越えなければなりません。射精により膣内に送り込まれたばかりの精子は、強力な酸性に保たれた膣内を進んでいかなくてはならず、受精場所を目指す過程でほとんどの精子は力尽きて死んでしまいます。そして、その生存競争を勝ち抜いた数億個のうち、およそ100匹程度の精子が卵子まで辿り着くことが出来るのです。そして最後に能力や形態の優れた、たった1匹の精子だけが固い卵子の膜を破って侵入することが出来るという、まさしく生存競争なのです。したがって、ほんの少しのストレスが原因で精子数が減少したことによって、不妊になったということも考えられるのです。

不妊治療の成功率に関わることも

生殖医学専門誌「Fertility and Sterlity」に掲載されている研究データには、男性のストレスが不妊治療の成功率に少なからず関係しているという内容も掲載されています。男性のストレスがあまりないご夫婦に比べ、男性のストレスが大きいご夫婦は、妊娠するまでの期間が長かったそうです。ストレスは、目に見えてはっきり分かるものでもなく、非常に感覚的なものですが、徐々に蓄積すると体本来の持つ生殖能力に何かしらの影響を与える可能性があると言えるでしょう。

ストレスは、男性不妊に限らず全ての不妊に関係していると言われています。しかし、私たちが住むこの社会からストレスを排除することは出来ません。上手に発散したり、知恵を使って発散させることが不妊の解消に繋がるかもしれません。

毎日の習慣から自然に男性不妊を解消したい方へ
男性不妊患者の8割以上の精子数がUP!日本生殖医学会で話題になった…
» 続きを読む

Copyright © Wellness Advance. All rights reserved.