生殖補助医療

生殖補助医療とはどういうこと?

体外に取り出した精子や卵子の受精を人為的に補助し妊娠を成立させる医療の総称を、生殖補助医療(ART)と言います。

現在、新生児の65人に1人が体外受精児だと言われ、生殖補助医療はそう珍しくないものになりつつあります。しかし、その分、課題も多く残っています。例えば、高度な技術を要するため専門医が絶対的に少なかったり、身体的・精神的な負担が伴ったり・・・。さらに、健康保険の適用が無いため経済的な負担も大きいといえます。生殖補助医療はまだ、決して誰もが手軽に受けられる医療とは言えません。

体外受精という治療法について

「体外受精胚移植」と呼び、男性の精子と女性の卵子を一度試験管の中で培養し受精させた後、その受精卵を子宮内部に戻す方法です。

体外受精の基礎知識

■ 妊娠率・・・・・・・・・約15~20%(1回あたり)

■ 出産率・・・・・・・・・約10~15%(1回あたり)

■ 料 金・・・・・・・・・・約20~45万円(1回あたり)

■ 治療に必要な精子の数・・・精液1mlあたりにつき、精子数500万匹以上

顕微授精という治療法

1匹の精子を卵子の中に注入して受精させた後、それを子宮内に戻す治療法です。非常に細密な治療のため、顕微鏡下で行います。一般には「イクシー法」と呼ばれています。

射精液中に精子が見つからなかった場合、精巣上体から精子を探して採取する「精巣上体精子採取法(MESA・PESA)」、精巣内の精子を採取する「精巣内精子採取法(TESE)」を行うことで、顕微授精へのトライが可能となります。

顕微授精の基礎知識

■ 妊娠率・・・・・・・・・約20~25%(1回あたり)

■ 出産率・・・・・・・・・約15~20%(1回あたり)

■ 料 金・・・・・・・・・・約25~50万円(1回あたり)

■ 治療に必要な精子の数・・・1匹以上必要

人工授精という治療法ついて(※一般不妊治療に分類)

採取した精液を針の無い注射器で子宮内部に直接送り込む方法です。配偶者同士で行われる人工授精を「AIH」と言い、非配偶者同士で行われる人工授精を「AID」と言います。

人工授精の基礎知識

■ 妊娠率・・・・・・・・・約5~15%(1回あたり)

■ 料 金・・・・・・・・・・約5,000~20,000円(1回あたり)

■ 治療に必要な精子の数・・・精液1mlあたりにつき、精子数1,000万匹以上

毎日の習慣から自然に男性不妊を解消したい方へ
男性不妊患者の8割以上の精子数がUP!日本生殖医学会で話題になった…
» 続きを読む

Copyright © Wellness Advance. All rights reserved.