男性不妊の自覚症状

男性不妊のほとんどは自覚症状がありません

精巣が小さい・陰嚢が腫れている・精液量が少ないなど、器質的な問題が原因になっている男性不妊は、自覚症状があらわれることもあるといわれます。また、ED(勃起不全)や射精障害によって、性交渉に問題が生じている場合もご自身で判断出来ます。
しかしながら、精子の数が少ない・運動率が悪い・奇形精子が多いという場合は、多くの場合で自覚症状がなく、ご自身での判断はほぼ不可能に近いのが現状です。こうした男性不妊は、男性不妊のほぼ90%を占めています。男性不妊の自覚症状については色々な見解がありますが、性欲や射精回数、男らしさとは関係ないといわれています。また、日常生活での支障もありません。したがって、精子数や運動率の問題を判断するためには、病院できちんと検査されることをおすすめします。

男性不妊は病院に行くまで気づいていないケースが大半

近年、病院の検査などにより、不妊の原因が男性側に見つかることが多くなってきています。主婦の友社「あしたばくらぶ」の会員アンケートによっても、検査・治療などを通して発覚した不妊原因の第3位に、男性不妊があげられています。
ほとんどの男性不妊は自覚症状がありません。また、外見などからも判断が難しいため、病院できちんと検査をするまでご夫婦2人とも気付いていないケースが多いようです。

主婦の友社「あしたばくらぶ」会員アンケート

1位 排卵障害
2位 機能性不妊(原因不明の不妊)
3位 男性不妊
4位 その他
5位 卵管障害

毎日の習慣から自然に男性不妊を解消したい方へ
男性不妊患者の8割以上の精子数がUP!日本生殖医学会で話題になった…
» 続きを読む

Copyright © Wellness Advance. All rights reserved.