男性不妊とは

日本産科婦人科学会における定義では、妊娠を希望する男女が一定の間隔で性生活を行い2年以上妊娠しない場合を「不妊症」としています。不妊症はひとえに女性側の問題として捉えられがちですが、実際に妊娠が行われるのは女性の体内であっても、妊娠は女性の卵子と男性の精子が結びつく行程が成立してこそ、初めて成し遂げられるものです。そのため、一概に女性ばかりに原因があるとも限らないのです。
 WHO(世界保険機関)は、現代の成人男性の精子の運動率が20年前に比べ80%から50%にまで低下していると発表しました。食生活や生活環境の変化による影響が大きいとされ、このため元気な精子をつくれない男性は年々確実に増えていると言われています。男性不妊は特別なことではありません。一般的に広く認識されていないことから発見が遅れていたり、非常にデリケートな問題のため表沙汰になりにくいだけです。実は男性不妊の問題に取り組んでおられる方はたくさんいらっしゃいます。

男性不妊の割合について

現在、不妊に悩むご夫婦は全体の10%、おおよそ10組に1組ほどいると言われています。そのうち、女性に原因がある場合は45%、男性に原因がある場合が40%、原因不明の場合が15%であると報告されています。しかし男性不妊の割合は年々増えていて、その理由として、環境ホルモンやストレス、電磁波など様々な影響が関係していると言われています。

男性不妊の割合グラフ

毎日の習慣から自然に男性不妊を解消したい方へ
男性不妊患者の8割以上の精子数がUP!日本生殖医学会で話題になった…
» 続きを読む

Copyright © Wellness Advance. All rights reserved.